メニュー

乳がん検診

乳がん検診とは

乳がん検診には、問診・視触診からマンモグラフィーや超音波(エコー)を用いた検診があります。乳がんかどうか、良性か悪性かの確実な診断をつけるためには、下記の検査や診断を組み合わせて行うことが必要です。患者様に適した検診を行います。

検査方法

問診・視触診

しこりがあるかどうかを確認します。ある程度のしこりの大きさがないと乳がんの判別は難しいため、早期発見するのは難しいです。マンモグラフィー検診や超音波検診と併用して受診されることを推奨します。

超音波検診(エコー)

超音波(末包)視触診だけでは判別しづらいしこりを発見することができます。乳房に超音波を当て、はね返ってくる超音波を画像化して確認します。マンモグラフィーでは高濃度乳腺の体質の方には、乳がんの判別が困難な場合がありますが、超音波検診で発見することができる可能性があります。

被爆のリスクがなく痛みもありませんが、微細なしこりや石灰化を写すことには適していません。比較的若い女性に適した検診です。

検査費用について

【対象】
 推奨は40歳以降の女性ですが、誰でも受診可。

【検査方法】
 超音波+視触診

【検診料】
 3,000円

【受診方法】

 受付で直接ご相談ください。

 ※マンモグラフィー検診は武庫之荘レディースクリニックで実施しています。(予約制)

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME